那珂川 鮎釣り1回目(解禁)

釣り友とオトリ屋さんで待ち合わせたが,

早めに着いてしまったので川へ。

先行者は一人。

ちょうど掛かったところで下ってタモ入れ。良型。

やる気アップ。

赤ベストの人の上の瀬へ。この赤ベストの人もここに通っているらしい。

川の方は2年前と比べると,浅くなり,埋まっている。

釣れそうな流れの筋の幅が狭くなった!

急に深くなるなどの変化が少なくなったような?

自分の目の前しか観察できなかったが…。

反応がないので,キョロキョロ。

右岸からの合流も浅くなっている。その分,川切りはできそう?

この場所は早々に見切り,プチ移動。

分流の,9m竿では難しいような流れでようやく当たり!

上から覆いかぶさる木の枝に引っかかるトラブル多発。

鮎ターザン数回。

鮎は見えるのだが,見える魚は釣れない,そのとおり!?

釣り友もこの流れに挑み,1尾ゲット,

午後は,5kmほど上流。

この川では一番好きな流れ。

先行者は3,4人。

釣れている様子はない?

↑の釣り人に話を聞く。

>4日間続けて通っていて,釣れる場所はここしかない,

>他の釣り人はみんな帰った,

>初めて来て釣れる場所ではない,

らしい。

その釣れる場所というのは,

白波の少し上の黒い岩盤。強い流れの間の緩衝帯か?

野鮎が休みそうな流れに見えた。記憶に止めよう(笑)。

川見をしながら,岩盤の黒いところで止め泳がせをした。

流れの強さの割にはオトリが止まる。

が,当たりは出ない。

草の踏み具合から判断すると,どうやら釣り切られている感じ。

辺地の黒いところで1尾掛けて,

ライントラブルをしている間に,

馬頭方面から黒い雲がすごい勢いで流れてくるのが見えたので納竿。

この日の釣果,6尾。17~20cm。

水温,スタート時19.2度。

20cm以下のオトリを含めた鮎は開きに。

20cm2尾は塩焼き用に冷凍。

今日はオモリを使ったり,背バリを使ったりした。

5割くらいはオトリが流れになじむ感覚が感じられた。

オモリ効果か,背バリ効果か?

ノーマルでじっくりと釣りたいのだが…。

水中糸はフロロ03,複合メタル007だったが,

釣れないので違いは判らず。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

久慈川 鮎釣り3回目

次の記事

箒川 追わない鮎と時合