バイクユーザー車検

2年に一度の車検に

前回から早2年。車検の時期を迎えました。

バイクの車検は前回から、ユーザー車検をしています。

ライトやウインカー、タイヤやチェーン、オイル類など、自分でチェックできるところを確認。

陸運支局に搬入し、検査を受けます。

バイク以外でもやったことが何度もあるので、要領はわかっているつもりでも、

検査ラインが変わることがあり、忘れていることが多いです。

そんなときは「よくわからないのでよろしくお願いします。」というと、大概丁寧に教えてくれます。

①まずはこちらの建物Cで、自賠責保険の更新をし、重量税を支払います。

 

 

 

 

 

 

 

 

②次にこちらの建物Aで、申請書類を記入し、提出。チェックを受けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

③次は書類を持って、検査ラインで車両の検査を受けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水戸の茨城陸運支局は6番が二輪のラインになっています。

今回は前のトラックが時間がかかり、少し待ちました。

④ライトやウインカー、ブレーキランプなどをチェックした後にラインに乗ります。

中は撮影禁止のため、写真はなし。

排気ガスの測定、スピードメーター、ライトの光軸、ブレーキの効き具合などの検査をします。

⑤ラインを出ると、書類のチェックを受けて終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑検査終了の確認をする場所。

⑥Aの建物に戻って、書類提出→新車検証の発行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検査自体は10分弱で完了。

終えてみると、「簡単だなあ」と思います。

 

ですが、バイクの整備は自己責任でしっかりと行わなくてはなりません。

旅に出る前には必ずバイク屋さんに持ち込んで、細部までチェックしてもらっています。

そして旅先でも不安?を感じると、バイク屋さんにお世話になります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

バイクツー2

次の記事

のどに骨が!