申告に行ってきました

申告するも何も,収入がないんだから,必要は感じなかったのだが。

昨年,所得証明書が必要になり,発行機を使って,住民カードで試みたところ,発行されませんでした。

市役所税務課の窓口に行ったところ,機械の操作ができなかったと判断されたようです。

自分では確実に操作したつもり,でも,「老いては若きに従え」で,係の付き添いの元,再度チャレンジさせられました。

できません。

3回目は,税務課の奥の方で椅子にどかっと座っていた偉そうな人の登場。

またまた,機械の操作をやる羽目に。

完全に,「バカにされた」ような雰囲気。「信用されていません。」

で,3回目も×。

原因が分かりません。「できるはずだがなあ」と言われてもね。

みんなで首を傾げるばかりです。

完全に,「できるもの」と思っているのです。

さすがに,機械操作を3回もやらされた身にとっては,怒りを通り越して,呆れモードです。

結局,手書きで申請して,証明書を発行してもらえました。

ここまで,およそ1時間強の時間がかかってます。

最初から,手書きでできるなら,そうと言ってくれれば,すぐにできたはずです。

その後,若いバイトみたいな職員が,できない理由を見つけてきました。

おいおい,ベテラン二人はどうしたの?

納得して,帰りました。

長くなりましたが,ということで,「ゼロ申告」の必要を感じたわけです。

つまり,発行機でできなかった理由は,この「ゼロ申告」にあったわけです。

証明書が必要で,発行機を使う場合。収入がなくても,申告が必要なのです。

職員がわからないこと,一般人はワカリマセン!

いろいろと勉強になる「毎日が日曜なおっさん」でした。

今年の申告は超簡単。書類も,受付も秒殺だわね。

いいのか,わるいのか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です