ペチュニア

今年も年を越したペチュニアがある。

冬の風が強く当たるので置き場所に困るが,冬を越して花を咲かせたことがあったので,自作のハウスの中に入れておいた。気をつけなくてはならないのは,ハウスに入れっぱなしにすると,中が高温になるときがあり,水がなくなって枯れてしまうことがあることだ。

花の時季が終わっても,生きているようなので,ときどき水やりをしていた。

こちらは赤。花が小さいような気がしたが,この後咲いたものをみると,そうでもなかった。

以前に実生のペチュニアが開花したことがあったが,そちらは原種帰りなのだろうか。

花が二回りくらい小さく,色もくすんでいたことがあった。

それに比べると,随分ましなような気がする。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

汐菜春キャベツ収穫

次の記事

花の種まきをした