惨敗す!

カミさんと今年初めてのドーム。

巨人VSヤクルト。

初回,いきなり,青木宣親の一発。

その後の打席もよく見ていたけど。いい選手だ。

打席での集中力。構えだけ見ても,それがわかる。

眼光鋭く,投手をにらみ,ストライクゾーンにきた球は振り切る。

ファールボールもポップフライは少なく,ほとんどがライナー。

ボールの見極め。インパクトの瞬間の力強さ。

両チーム合わせて,一番の選手。

やはり,メジャーで闘ってきた選手は違うと感じた。

試合は6-6まではシーソーゲームだったが,その後は一方的な展開。

7回の応援まではしたが,チャンスで打てなく,逆転はなし。

連日の11失点に,原監督は,

「「癖が出てる。『真っすぐいきますよ』って言って放ってたら、そうそう抑えられない。150キロでもね」。

と言ったそうだが,完璧に打ち込まれてから,そんなことを言っているようでは?

球が速いだけのピッチャーは数多くいるが,それだけでは勝てないのはわかりきったこと。

自チームが打てずに負けている相手ピッチャーの良さを分析すれば,何が必要かがわかるはず。

そして必要なことを練習し,実戦で試し,結果を出していくのがプロというもの。

ここはベテラン勢の起用がいいように思う。2軍には,大竹,野上がいる。

若手同様にチャンスを与えるべき。年齢で差別するのは疑問。彼らには経験がある!

勝ち試合でうまいビールが飲みたいと願う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

任侠浴場