冬の祭礼

年2回の祭礼。

地区の鎮守様。阿波神社。

秋は台風が直撃の中,びしょ濡れになりながら行った。

今回は天気はいいが,寒い。

この辺りでは北東の風が一番冷たい。

まずは鮒を仕入れに川魚屋さんへ。

今年の北浦はまれにみる不漁で……

鮒もそれほど多くない。

生け簀の中に入れられてからの時間が長いせいか,傷が多い。

何とか元気な2尾を手に入れた。

2尾で560円。

その後,お供えのお餅を取りにお菓子屋さんへ。

早めに注文しておいた。

一重ねで5250円。

隣の地区の分もあるので,二重ね。

神社の掃除を簡単に済ませた後に,

鹿嶋神宮からお招きした宮司さんにお祓いをしてもらう。

まずは鬼門の方向をお祓いしている。

そして,神社の社。

上の段には,お餅とお米。

奉納酒,ろうそく。

下の段には果物,野菜,そして鮒の腹合わせ。

宮司さんの祈祷。

この後は,参加者11名による直会(なおらい)。

地区に1軒ある食堂での食事会。

昔は飲む人が多かったが,今は二人だけ。

司会進行やら,会計やら,その他雑用で疲れた。

下っ端は何かと使われる(´;ω;`)

鮒は持って帰る人がいないため,区長の家の大水槽に放す。

それまで生きているのがすごい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

暖かな湖岸