久慈川へ

久慈川は袋田へ。

詳細な場所は知らないため不明。

写真も撮り忘れ,スマホを忘れたため。

一度宿泊したことがある河鹿園の近く。

オトリ屋さんで鑑札とオトリ。

そして,情報収集。

「渇水,高温で掛かりがわるい」

オトリ屋さん自身,昨日は2尾(´;ω;`)

他の人も釣れているようすがなかったとか。

一番人気の場所を勧められたが,そこはパスして。

3番人気?の瀬へ。

一番乗り…ここまではよかったが…

まずは,ハミ痕を探す。

浅いところにたくさんある,鮎は居る。

歩いていくと逃げ惑う姿が見える。結構なサイズも。

まずは,瀬肩付近から。

(いかにも流れは抜かれていることを忘れていた)

ついつい,そんなところから始めてしまう。

当然,アタリはなく,時間ばかりが過ぎる。

上流の鉄橋を越えたところまで川見。

またまた,川の散歩かw

黒い石や磨かれた石が点在しているので,

鮎の活性が上がれば釣れそうな場所に見えた。

鉄橋の上のザラ瀬でアタリ。が,即バレ。

とてもいいアタリだったのに残念。

午前中はこのアタリ,1回のみ(´;ω;`)

川見をしながら川を下り,早目の昼食。

水温が高すぎるので,オトリ2尾はすでにグロッキー。

昼の間に沈めて置いたが,回復せず。

予備のオトリ2尾を用意しておいて正解。

午後はまずチャラ瀬の溝や穴ねらいでと考えていたが,

後から入った人に見事に歩かれてしまった(´;ω;`)

見える鮎を止め泳がせで釣ろうと考えていたのに…

少し離れた場所のチャラ溝ねらいに切り替える。

30分くらいしたら待望の1尾。

野鮎の替わったので次もすぐにくることを期待したが。

チャラ瀬は水温が高いためか,野鮎もすぐにバテる。

長ーい休憩を挟んで,午後3時くらいから再開。

4時くらいからはチャラ瀬も日陰になり,釣りやすくなる。

そこから大小5尾を追加し,計6尾で納竿。

久慈川初釣行の感想。

渇水で,高水温のため,ハミ痕多数でも追いは極端にわるい。

普通の早瀬では釣れない。

チャラ瀬ねらいで,人の少なくなる午後からが○かも?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

秋なのに…

次の記事

晴れ?雨?