濁り&にわか雨&川見&プチ鮎釣り②

県境の峠を越えると,栃木県は晴れていた。

まずは川見。

少し上流。浅いがところどころにいい石が入っていた。

そして,名人が良型が掛かったと書いていた橋付近。

橋の上流に一人。

根掛かり?トラブっている様子。

橋下流。

瀬肩のところに鮎が数尾見えた。

その下の流れ。

この後,オトリを買って,箒川も川見。

水が高く,川切りが無理と判断。

武茂川に戻り,

名人が掛けた瀬を試してみた。すでに昼近く。

ところどころに大きな石があるが,左岸の芯は砂が多く,

ピンポイントで止め泳がせをする必要があった。

完全に抜かれた後で反応はほとんどなく,

橋の近くでアタリがあったが,身切れ(´;ω;`)

引きを楽しんだが,獲れなくちゃな。

午後1時,昼ごはんに上がろうとした頃に,

橋下流の瀬でようやく1尾。

アタリは?だったが,竿を立てると,

オトリを釣れて上流に上り始めるくらいの良型。

結局,その1尾のみ。(´;ω;`)

途中話した釣り人もチビが1尾のみと話していた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

久慈川へ