那珂川で少し…

前日,釣り友からの電話。

「午後から7尾。ハミ痕多数」

ということで,急遽,釣行。

まずは,好きな流れ。

すでに10時過ぎているので,当然,先行者。

川の中ほどまで立ち込んでいる。

オトリを沈め,準備をしながら見ていたが,掛かる様子はない。

ねらいは手前の平瀬。

ハミ痕が激減している。

オカバミの痕もほとんどなくなっている。

嫌な予感がしたが…

アタリは勘だけ。肝心の鮎からのアタリはなし。

立ち込んで,底石をよく観察したが,石もボケていた。

1尾目のオトリは鼻カンを通しただけで元気がなくなり,

ものの5分でダウン(´;ω;`)

2尾目も???

釣り友の話していた場所へ移動。

昨年とは大きく変わっていた。

ガサを抜けると広い河原。

↓目の前の瀬。

先行者は上流に1人,右岸に投網一人。

目の前の大石にはハミ痕は少ないものの,大きなハミ痕がところどころにある。

好きな流れはこんなところなので,ここから。

大石の前後左右にオトリを入れて,止めて待つ。

養殖オトリが弱く,ノーマルでは止まらず,背バリ装着。

開始30分で手前の大石の下の白泡の中で1尾。

アタリはガツのみ?

掛けバリが石でも引っかいたようなアタリ?

竿を立てると,動き出す。まずは沖に向かって。

下りながら,いなしながら取り込むと23cmの良型。

続いて,右の白泡の中で21cm。

野鮎を2尾確保できたので昼食。

午後に備える。

午後は上の深瀬から。ところどころにバスケボールくらいの黒い石が見えた。

ここから下の白泡まで釣り下る予定。

予想に反して,無反応。

上流にいた先行者の方が上がり際に,

「今日は水温が低く,追いがまったくない」

と言っていたのを思い出した。

「いつもは25cmクラスを20尾くらい掛ける」(@_@)とも。

1時半くらいには黒い雲が雷の音とともに近づいてきた。

雷はこわいので即撤収。2時には納竿。

今日の釣りは2時間?で2尾!

車に乗って少しすると大粒の雨。

こんな釣行もあるなあ。(;´・ω・)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

久慈川へ

次の記事

ウェーダー準備