久慈川 午後の部

午前中は早めに上がり,場所探し。

まずは大子やな(今年はかけていない)。

水が少ない感じ,川切りはできそうだが魅力的に見えず。

次は消防署前。

こちらは少し濁りあり。

上がってきた人に話を聞くと,「釣れない」

次の人はリールをつけた久慈川釣り師。

橋の上を右岸から釣って,「何尾か釣れた。掛かる場所が決まっていた」

一番自分の好きな流れには人が見えたので断念。

どこにしようか迷ったがいい場所を知るはずもなく,

大子やな下へ。

深さもそこそこあり,底石もところどころに入っている様子。

先行者↓の人と話す。

午前中は1尾のみ。

釣り人は橋の下流に1人,左岸側に1人,右岸側に1人。

↓3尾くらい掛けるのを見た。

手前の黒い石を探るが反応がなく,上流側へ。

写真上方の瀬から再スタートするが,石がよくない。

波立ちの付近でも反応なし。

下ってきた。

流芯は岩盤の上に泥が乗っていて白く見えることがわかる(根掛かりで入った)。

流芯の手前の黒く見えるところや,ところどころにある白泡付近の向こう側へオトリを入れていくと,

やっとアタリ。慎重にタモ入れ,3時過ぎ。

午後開始から1時間半も経っていた。

オトリが替わると,ポツポツと掛かり始めた。

鮎釣りはオトリだな。

雲行きが怪しくなってきたが4時過ぎまで粘って,計6尾。

↑きれいに撮れていないが,ところどころに大きなハミ跡が多数見られた。

大きくて見事なハミ跡に感動…。

このハミ跡を見てしまうと,型を期待してしまうが,

今日の最大は21cmだった。

かなりおデブだったが…

久慈川釣行は1日合計10尾で終了,何とかツ抜けた。

途中までは釣れる気がしなかったが,久慈川初のツ抜けでめでたし,めでたし。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

久慈川は袋田?

次の記事

久慈川も(´;ω;`)