久慈川 鮎釣り 甘いもんじゃない!

満を持して,久慈川へ。

と言うのは,

1 釣るイメージを自分なりにシミュレーションしてみた

2 天気と水況が良い日を待った

から。

橋の下の↓こんな流れで釣ることをイメージした。

ここなら,人も少なく,竿抜けがあると考えた。

黒く見える筋。岩盤の間の樋のようになっている。

釣りにくく,オトリ鮎を入れてから,どうする?

近づくとこんな感じ。

黒く見える筋が何本かある。

白く見える所は,砂が堆積している。

イメージした釣りは,①オモリ泳がせと②背バリ泳がせ。

オモリでオトリの動きを制限し,筋をウロウロさせたり,

根掛かり防止を考え,背バリで泳がせたり,

頭の中でイメージを膨らませてチャレンジしたが……

簡単にそんなイメージで釣ることができるほど,甘くなく(´;ω;`)

1時間粘ったがアタリをもらえず,撃沈。

次はここ。

本命の場所だが,養殖オトリの泳ぎでは厳しい。

養殖オトリ+背バリでは流芯に止められない。オトリがすぐにバテる。

ここも芯の脇で1時間くらい粘ったが予想通り。

4連休中の4日目でかなり場荒れしている雰囲気。

オトリ替えを狙い,歩いて支流のこんな流れへ。深さはくるぶし上くらい。

石はぴかぴか。掛かるがチビらしい。

出し掛かりでチビ2。アタリは楽しめた。

もう少し大きいのを狙って,ここへ。

白泡の下でオトリ同サイズ。チビ君やってくれた( ̄∇ ̄;)

その下の白泡の下でオトリより少し大きいサイズ。

よそ見している間に掛かった。

竿操作,オトリ操作,要らない?

元気な野鮎,オトリなら勝手に掛かってくれる?オートマアームw

午前の部は11時過ぎに終了。川見をしながら,遠く離れた車まで戻る。

途中何人かの人と話したが,みんな朝一の2~3尾!?

午後は写真左上大石の上の緩いところでオトリ獲りを狙うが,

ずっと粘っている人が動かず…

この流れの流芯を探るが反応が出ない。

時合いがあるなら,もう少し先と考え,

チビに遊んでもらった流れの下流へ。

同じ流れでは掛からないが,6尾追加。

チビではなく,オトリ頃!

竿抜けを見つけた気分!

ここで粘った方がよいのか?(心の葛藤あり)(;´・ω・)

いやそうではなく,本命の流れへ行けとの心の声を聞き,

目指す流れの上流から釣り下った。

竿を入れてみたいところには相変わらず,人,人。

目指す流れの上付近で,

シミュレーションにはない縦の動きを入れたら…

アタリ!しかも本日初の良型。

と言っても,20cm超えたくらい。

今日はとても大きく感じた。

今までがチビ過ぎた…

目指す本命場所。

時合いの爆釣を夢見たが,2尾の追加で終了。

↑こんな流れはアタリが強烈で楽しめた。

1日合計 13尾。

12cm~22cm。

バラシは1回のみ(めずらしい!)。

シミュレーションは役に立たない?

「釣り人が多く,場荒れの流れをどう釣るか。」

あと何回釣行できるのか,納竿近し?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

久慈川橋付近

次の記事

鮎釣り 背バリ作り