鮎釣り ハミ跡と川読み

鮎釣り,最終盤に???なことがあった。

鮎のハミ跡。岸際にたくさん見られた。

ハミ跡があるところを探しての釣行なので,竿を出した。

自分の釣果は(´;ω;`)だが,周りの人は結構竿を曲げていた。

ハミ跡といい,納得。

底石が全面ピカピカ状態のところはいうと,アレッ???

どう見ても,ここでしょ,っていう場所では掛からない!?

釣り切られた?場荒れ?

そう考えれば,納得。

別の場所。

岸際には腐れ垢しか見えない…。

誰もいないそんな場所の流芯を釣った釣り人。

良型を含め,11尾掛けて,7尾の釣果Σ(・□・;)

自分の考えが根底から(;´・ω・)

鮎釣りの本に,

新垢は辺地から着き始め,腐るのも辺地から,

と書いてあったことを思い出した。

辺地が垢腐れでも,流芯が最良の状態?

↑の釣り人は,そのことを知っていたのだろう。

改めて,川見,川読みについて学習した思い。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

鮎竿コーティング

次の記事

秋の種まき