2ヶ月遅れでやってみた

柿の接ぎ木。

穂木は3種類用意してあった。

西條柿(干し柿用),富有柿(いつもの),そして名前不明(近所から)

一番の楽しみは名前不明の柿。

生ってから調べることにしよう(気が長い…)。

二股の台木があったので,

右と左で種類の違う穂木を接いでみた。

向かって左が名前不明の柿,右が富有柿。

穂木をくれた近所の家の人の話では,

細長い形の甘い柿がなるという。

親木は一昨年の台風による大風で折れてしまったため,

昨年は生らなかったらしい。

いつもの年は春分の日前後に接ぎ木をするのだが,

なぜか面倒になってしまって,

2ヶ月遅れになったしまった。

過去は5月の連休くらいまではうまくいったことがあったが,

どうなるかは不明。

といいながら,期待はしている。

雨が強く降り出してきたので鉢植えは後日に(;´・ω・)

次の午前中,雨の切れ間に植えた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

小屋作り⑱隙間処理

次の記事

鮎タビ,フェルト