鮎釣り,解禁なのか?

今年の鮎釣り1回目に行ってきた。

箒川,福原堰下流。

水もきれいで,石もきれいなので好きな場所。

いつもは人が多いのだが,

先行者はなし。

岸の車の跡や人の踏み跡も目立たない。

ということはあまり釣れていないということか?

いつもは人がいて,釣ったことがない場所からスタート。

白や青の岩盤の上にところどころ黒い石がある。

黒い石のところを止め泳がせで待つ。

少しずつ釣り下って行って,30分くらいで解禁1号。

最初にして,最後の野鮎。

下流に釣り人が入る。

話すと,「今年は全く釣れない。」「釣れても1尾か。」

そのとおりなので,言葉が出ず。

少し下流の深瀬へ。

意外に押しが強いので,シンカー2号を付けて,護岸の辺地を狙う。

30mくらい釣り下ったが,反応なく過ぎる。

釣り場を見た感じでは,

ハミ跡は大小さまざまあるが,全体的に食んでいる感じではない。

2カ所目は,

水遊園大橋上の↓こんな瀬へ。

泡立ちの中ねらい。

泡立ちの中のオトリが止まるところを探して,奥と手前の筋を探る。

オトリはよく泳いでいたが,追われる感じがまったくない。

流れを少しずつ釣り下って行く。

盛期ならとてもよい流れでこんなところでのアタリなら,

堪えられないのだが…(;´・ω・)

掛かるのは時間ばかりで,

止めても,横に這わしても,上に引き上げても(@_@)

午後はさらに下流の深瀬で1時間くらいやったところで雨が降り出しゲームセット。

解禁はボ抜けの1尾で(´;ω;`)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

北浦カヤック

次の記事

鮎開き