鮎釣り 久慈川→箒川

明日からは天気がずっと悪いという予報なので,

鮎釣りに。

久慈川へ。

スマホを車に忘れ,写真なし(;´・ω・)

先行者はすでに5人。

準備をしながら見たが掛かる様子はない。

ハミ跡が少ない!

できるだけハミ跡が目立つ場所を探しながらオトリを入れてみた。

開始5分で1尾。

続けて?,2尾は30分後。

釣り下る予定の下流に釣り人が入ってしまったので,予定が狂う。

もう一度,上流に戻り,オトリを入れられなかったところを狙う。

型は20cmくらいだったが,今日1番のアタリで3尾目。

小場所なのでここまでと見切りをつけて,その後あちこち釣り歩くがアタリなし。

11時半に移動を決意。

どこにしようか迷ったが,箒の岩盤瀬へ行くことにした。

1時間で移動終了。

釣り人が少なかったのでやることにしていると,

急に人が増えた。

そして,予定の場所に入られてしまった😞

が,川に入ってみて(@_@)

ハミ跡がない,水中の石には垢がたっぷりと付いているものの,

まったく食んでないため,石に乗ると滑りやすい。

嫌な予感がしたが,

とりあえず竿を出してみた。

引くと掛からないという名人の話を信じ,

できるだけ横出しで,狙いの場所で止めて待つ釣りに徹する。

1時間半ほど粘るがまったく気配がない。

同時間に入った釣り人も同様。

あきらめて,川見をすることにした。

幸いにも暑くないので,新箒橋の袂の右岸急瀬。

ここにも鮎の姿は無し,投網が3人もいた。

ハミ跡はあるものの,とても釣りのできるような場所ではなかった。

岩盤瀬の上の方も見てみた。

鮎が居れば,ピカピカのハズだが,こちらも曇っていて,

目を凝らして見ていても鮎を見ることができなかった。

4時半まであっちこっち見て歩いたが徒労に終わった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

久慈川 鮎釣り1回目

次の記事

柿の摘果