鮎釣り,黒川~の箒川

県外移動は自粛中でずっと我慢。夏だけ栃木県民なのでm(__)m。

で,那珂川水系黒川へ。

「しんとよとみばし」の上流へ。

見える範囲で釣り人の姿なし。

車から少し上流まで歩き,↑の流れのシワが出ているところで開始。

開始,3分で一回目そして唯一のアタリが…

バレて終わり。しっかりとハリ掛かりしていなかったか?

こんなところとか。

こんなところとか,オトリを入れてみるが反応なし。

川が狭いので,9mの竿ではオトリ操作が難しく感じた。

濁りが少しあり,川底も見えにくい。

ハミ跡も,↑は少ない方。ところどころにたくさんあった。

大きな沈み石には必ずハミ跡がたくさんあった。

こんなところはどのように釣ればいいのか?

大石の前後左右に止めて待つ釣りや,左右を引き釣りしたが,???

2時間ほど粘ったが,あきらめて移動。

2カ所目は,大好きな箒川。

投網が入るのが残念だが,水がきれいなので気に入っている。

こんな流れ。

上にいた釣り人の話では,午前中は結構釣れたらしい。

よく考えれば,↑は投網の場所。

この下の岩盤で待望の1尾目。

これをオトリにすると,連発。

が,08のハリスを切られる。

こんなハリス切れが3回も(´;ω;`)

この時季,08では細いのか(;´・ω・)

手元に残った野鮎は2尾で終了。

車での移動時間7時間>実釣時間5時間(´;ω;`)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

柿の摘果

次の記事

鮎釣り,箒川は!?