鮎釣り 久慈川 濁りあり

那珂川か,久慈川か,迷ったが,

慣れたきたところで試したいことがあったので,久慈川へ。

久慈川の鮎釣りブログを見ていたら,今日の釣行はなかったかもしれない。

オトリ屋で「濁りが入っているよ」と言われ,

川へ着いて見ると,

確かに変な濁りが入っていた。

どうやら福島県側で何かの工事をやっているらしい。

本流の深場をまずは下見。

深さがわからないくらいの濁りなので,危険と判断し,

濁っていない支流の押川から始めることにした。

↓こんなところ,深さは膝下くらい,

連日,攻められていると想像し,草ギリギリのところへ狙う。

開始15分で3尾+ウグイ。

すべて唐揚げサイズ(´;ω;`)

釣れないよりはいいが,

小さすぎて,鮎釣りの楽しさがない!

1時間は粘ったが,その後は何も。

先行者からの情報収集と川見をしながら,下流まで歩く。

ほとんど釣れていない様子,石の黒い所が何カ所かあるが,

浅すぎて,鮎の姿が見えず,パス。

橋のすぐ上まで来てしまった。

ここも流心は濁りが強く,濁っていないのは右岸の緩い流れだけ。

右岸際には黒い石も見えたが,粘って釣るのは苦手なので敬遠。

前回良かった草の辺地。

石は濁ってよく見えなかったが,

草に絡むかどうかのきわどいところが気になったので,オトリを入れてみた。

ようやくまともなサイズの鮎が掛かった。

アタリも良好。

(このアタリのために鮎釣りをやっている!)

この付近で5尾追加し,午前の部終了。12時ジャスト。

カップ麺昼食を摂り,車を午後のポイント近くまで移動。

午後は1時過ぎに開始。

午前中にやったところには3人の釣り人が入っていた(@_@)

しばらく近くを釣りながら,様子を見ていたら,

居なくなったので,同じ場所に入った。

ところがまったく反応がなくなっていた。

オトリはよく泳ぐのだが,全然追われる動きが出ない。

同じ場所は諦め,先程の人が立っていた場所(いい場所だと思っていた)へ,

オトリを入れた瞬間,アタリ!!

9尾目。あと1尾…。

次もすぐに!

やっとツ抜け!

ツ抜けも達成したし,空模様も怪しくなってきたので,

もう少し釣りたかったが納竿。15時。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

鮎釣り ハミ跡