久慈川 鮎釣り 時合いか?新仕掛けか?

釣り場到着は10時。

釣り開始は10時20分。

考えていた場所のポイント1は空いていたが,

勝負と考えていたポイント2は釣り人が(;´・ω・)

本日の作戦は,

ポイント1でオトリを2尾くらい掛けて,

ポイント2でツ抜けする。

だったが,

ポイント1で作戦がもろくも崩れ去る(´;ω;`)

うんともすんとも野鮎の反応なし。

予想では野鮎が居て,即反応してくれるはずだったが…。

下流のポイント2では先行者の釣り人が思った通り,掛かっていた。

やっぱりなあ…

でも,自分の狙いの筋とはちょっと違うなあ,

と見て,通り過ぎた。

さらに下流を探ってみる。

ずっと反応なく,予定のエリアを越えてしまった。

今日はこの場所を究めると決めてきたので,

上流に戻り,さらに沖目を釣り下る。

ポイント2を飛び越えて,下流に来た時にようやく1尾。

時間をみるとすでに開始1時間50分。で,1尾(;´・ω・)

12時10分。昼休憩を取る。

自分に「午後から,午後から」と言い聞かせていると,

ポイント1に釣り人。

入るなり、1尾掛かる。

粘られたら,できないなあと思いつつ,次の作戦を考える。

もしかしたら,反対側の左岸が竿抜けかとひらめき,

午後1時10分からは左岸へ。

予想が的中し,

開始早々にオトリサイズ1尾,

続けて,シーズン最大25cmクラスが1尾。太い!

このサイズは初めてなのでめちゃ重く感じる,背掛かりだったのでバレなかった!

ただオトリとしては使えず(´;ω;`)

この後2尾追加。

それを下流で見ていた人が,反対側の右岸へ入ってきた。

まったく掛からなかったが…。

アタリが遠のいたので,左岸の下流を川見。

石はところどころに入っているが,砂地の面積が広い???

3時近くになり,

ポイント2も空いたので移動。

左岸から,右岸から,散々叩かれた後なので期待はしていなかったが,

3時半ごろからポツポツと掛かり始めた。

型もいい,今日の2番目くらいの23cmが揃う。

根掛かりやバラシが出て,数が増えず,

釣果7尾の前後を行ったり来たり,

今日も7尾止まりかと思ったが,

粘っていると,ツ抜け達成。

そして,シーズン最高釣果の11尾(これでも最高なんです!?www)

気持ち良く,4時半終了。

今日は試したことがあり,

①オモリを使わず,背バリのみで攻める。

 結果:問題なくできた。

②仕掛けを替え,仕掛け毎の釣果の差を比べる

 結果:仕掛けA 釣果1    12時10分

    仕掛けB 釣果6(根掛かり1,バラシ1,含まず) 13時15分~15時30分

    仕掛けC 釣果4  15時30分~16時10分

 仕掛けB,Cが好釣果だったが,

 単に時合いによるものとも考えられるので,

 さらに検証が必要。

ということで,納竿はまだ先に延ばすことにしようwww

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

鮎釣り用ウェーダー干し

次の記事

バイクへのいたわり