8月初めての鮎釣りin箒川

都合により休んでいた鮎釣り。

ほぼ3週間ぶりに行ってきた。

初めは,

↑こんなところ。水温20.5°C。曇り。

先行者は1人のみだったので期待したが,

1回底バレのような感覚があっただけでうんともすんとも…。

あちこちとさまよい歩いたが,良い場所を見つけられず移動。

次の場所は3年振り?

↑こんな流れのある場所。

他の釣り人は左岸側に2人。

右岸側は誰もいない。

波間にオトリを入れてみた。

バッチリ(^^)v

良型。上へ上る。

当たりも明快で,あまりに久しぶりなので,鮎とのやりとりを楽しむ。

一段落すると当たりが遠くなりはじめたので,

午後は↓の流れが走っているところへ。

流れが落ちたところは掛かってもおチビちゃん。

落ち込みの上へ入れると連発。

その後,○○名人言うところの「流れの樋」を狙い,さらに連発。

オトリを入れた瞬間に追ってきて,掛かるような感じ。

こんな感覚は今年初めて。

(これが鮎釣りの楽しさだよなあ)と実感。

小雨が降ってきたがまったく気にならず…(笑)

気になったのは「節落ち」。

掛かり鮎を抜いた途端,ストンと(´;ω;`)

もたもたしている間にサヨナラ(笑)

今シーズン初めて,釣り神様が微笑んでくれた!?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

イチジク 初収穫

次の記事

箒川 鮎釣り822