鮎釣り つ抜けできたー!

天気がよかったので、急遽、鮎釣りにいくことにしました。家を出たのが遅かったので、釣り場到着は11時近くになっていました。

場所は那珂川、八溝大橋下流。前回と同じ場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の場所はすでに人で一杯です。

今日の手始めは、写真の急瀬の下流の早瀬。セオリーから外れますが、オモリ1.5号を付けて、オトリを沈め、オトリ替えを狙ってみました。結果は上々といきたかったのですが、掛かったのはチビ鮎です。リリースサイズ。これ1回でオトリ君はダウン。

なので、今後のことを考え、写真の上流にあるザラ瀬に移動しました。このザラ瀬は人も少なく上手の緩いところに1人いるだけでした。なので、ザラ瀬の中の少し深さがあり、かつ、流れが弱く見え、鮎が止まりそうな場所に狙いを定めて、オトリを入れて見ました。

この狙いが当たり、まずは小さめながら、追い星のしっかりと出ている野鮎が小気味よい当たりで掛かりました。同じところでは連発はないものの、少し下った、いかにもザラ瀬というところで2尾目。こちらも小さいながら、当たりは明確でした。いずれも背掛かりだったのでオトリとしては、元気です。小さくても背掛かりはいいものです。しばらくこのザラ瀬で粘りましたが、2尾で終了でした。

次にザラ瀬の下流の、少し深くなって、溝のようになった流れにオトリを入れました。手前は砂地で、流れの芯はよく見えませんが、石が入っていることを期待しました。少しずつ釣り下り、流れが強くなったところで止めて待っていると3尾目がきました。良型でかなり引きます。しかも流れが強いところへ入られてしまいましたが、少し下ってしのぎ、何とかタモ入れしました。22cm(帰って測った)ありました。これをオトリにして次も期待しましたが、連チャンはなし。1時過ぎ。遅い昼食にしました。

午後はもう一度、ザラ瀬からスタートしました。午前にオトリを入れていないザラ瀬の一番強いところです。こんなところはなかなか人が入りません。昼食の間も見ていましたが、誰もやってません。オモリを2.5号に替え、石のある波立ちの下や両脇にねらいを定め、オトリを入れてみました。ねらいが的中し、小型が2尾。良型が1尾の計3尾を掛けました。粘りましたが、これ以上は掛かりません。このザラ瀬でもっと釣れるようになると当たりはいいし、楽しいのですが。

このオトリを持って、本命の早瀬に行きました。ただ、釣り人が一人入っていて、なかなか空かないため、休憩。見ているとオトリサイズを1尾掛けました。流れが強いため下流へ下って取り込んでいました。この人がずっとやるのではないかと思ったのですが、その後下流へ釣り下っていきました。

いよいよ。元気のよい小さめのオトリにオモリ2.5号をつけて流心の向こう側に入れてみました。今年は止め泳がせよりも前後左右にオトリを動かすことに課題をもっているため、できるかぎり、その動きをさせようと試みます。流れがあるところなので、前後は思い通りになりますが、左右が意外と難しいものです。でもオトリが元気なためか、よく動いてくれました。

3時。小気味よい当たりで目印が飛びました。この当たりがあるので、鮎釣りはやめられません。しかも、良型です。バラすのが怖いのですがしっかり溜めて抜きました。○です。この後、同じ流れで4連発。小型はいません。不思議なことにこの間15分くらい。その後はパタッと当たりが止まりました。4時半まで粘りましたが、風が強く、竿をもっているのが大変になったため終了しました。追加はありませんでした。

タモに入れて、数えてみると、計11尾いました。1尾リリースしたので、12尾掛けたことになります。珍しいことに1尾もバラシはありませんでした。これは奇跡です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

今日の北浦

次の記事

連続ツ抜けならず