連続ツ抜けならず

好天に恵まれ、連続ツ抜けを目指すべく、那珂川に釣行して来ました。

オトリ屋さん経由で川に到着したのは10時過ぎでした。目指すポイントはすでに3人の先行者が見えます。

別のポイントに目を向けると、誰もいません。岩盤の上から、目の前の急瀬の流芯脇をねらいます。

10時半スタート。まずは超チビがきますが、即リリースです。

このサイズの鮎はオトリを追って掛かるのではなく、ジャレついてきて掛かる?

次は小型。オトリにはなります。この小型が次の良型を連れてきてくれました。順調に掛け、午前中は5尾です。良型も2尾含まれます。

ゆっくりと昼食休憩。それがいけなかったのか、午前中の場所にはそのときに近くで竿を出していた方が入ってしまいました。がっかりです。

気を取り直して、午後は岩盤の上流の少し瀬が絞れて強くなっているところから始めます。絞れているため、流れが強く、瀬脇は狭いポイントです。上流にも一人。この方がじっと動かない釣りをしているので、上流側に動くことはできません。

瀬脇で止め泳がせをしていましたが、反応がないので、オモリをつけて、流芯の向こう側をねらいました。

強烈な当たりです。すぐに当たるとは思っていなかったので、油断している隙に流れに乗って、瀬の落ち込みに入られてしまいました。仕掛けは新しく替えたばかりなので、思いっきって溜めて抜こうと決意しましたが、今季初、痛恨の高切れです。

ガクッとしましたが、気を取り直して、もう一度同じ流れにオトリを入れると、また当たりがきました。今度は気持ちの準備はできていました。流芯をこちらに横切らせて瀬脇で抜く予定で竿を立てました。そこまではうまくいったのですが、また高切れです。今度は下付け糸でした。甘く見て03でした。型は見た目、20cmちょっとに見えましたが、流れの強いところには元気な野鮎がいるのですね。

掛けてはロストで、鮎がたまりません。

仕方なく、車の止めてある左岸へ渡渉し、早瀬をねらうことにしました。先行者が2名ほどいたのですが、帰る様子が見えました。休憩を入れ、気持ちを落ち着かせて釣り始めました。

少し風が強くなってきましたが、竿を持つのがきつくはありません。

ここでも出し掛かりで1尾掛けました。オトリ頃のサイズです。気分良くこの野鮎を送り出すと、連チャンです。

やったあと思ったのも瞬間。3尾目のオトリを根掛かりロスト。根掛かりも今季初です。

悪いことは続くものです。連チャンで根掛かりロスト。手持ちの仕掛けもなくなり、オモリもなくなり、納竿しました。

最終的にはツ抜けできず。高切れと根掛かりがそれぞれ2回ずつあり、ガクッとした釣行でした。

↓ 午前中のポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

写真左の石の向こう側でよく釣れた。午後はここでできず。この上の急瀬で。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

ウェーダーを乾かす