庭木の剪定

庭木の剪定

毎日、暑い日が続いています。

毎日が日曜日なおっさんでも、仕事をしたくなるときがあります。

今週は庭木の剪定を進めています。

17日 火曜日はイヌマキ、モチノキ、イヌツゲでした。18日はイトヒバです。

高いところは本家から、剪定用の三脚を借りてきて作業します。

この三脚、16尺のものはとり回しが大変です。広いところはいいのですが、狭いところは大変難しいです。

なので途中から12尺のものに替えて作業をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイヌマキ、背丈が高く、16尺の三脚でないと、てっぺんを鋏むことができません。

北東の風が当たる部分は生長が悪いため、毎年、少しだけの剪定にしています。

このイヌマキは30年前、当時造園会社を経営していた伯父さんからいただいたもので、大切にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、モチノキです。三脚の上から写真を撮っていますので、大きさがわかりにくいですが、これも16尺の三脚でないと、てっぺんを鋏むことはできません。

モチノキにはここ数年前から、病気が入り、元気がありません。家の近所すべてのモチノキが同じ症状です。葉に斑点のような枯れが出て、それが全体に広がります。モチノキのみずみずしい緑が失われています。

昨年は早めの剪定を行ったため、少しは元気になっていますが、鋏みながら観察すると、やはり症状が出ています。

ネット等で調べたのですが、それらしい情報はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はイヌツゲです。こちらは昨年から、頭の部分を小さくしようと考えて剪定しています。なので、頭の部分がまだ形がきれいではありません。来年くらいになったら、よくなりそうです。イヌツゲは剪定に強く、病気も入りにくいので庭木に最適です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、イトヒバです。

こちらの剪定には1日掛かりました。適当にバサバサ切るわけにはいかず、一枝ごとに一鋏みずつ鋏むので、1日掛かってしまし

いました。昨年は背丈を短くするために、芯を2尺ほど詰めました。切った痕がわずかに写っています。枯れないようにと切り口に専用のペーストを塗って置いたため、新しく芽が出ていました。

剪定に関してはプロではありませんので、木の状態を見ながら、ダメージを与えないような範囲で鋏んでいます。

庭木の管理は大変ですが、30年も見慣れた景色なので、緑があるだけでほっとします。

この後、まだまだ作業は続きます。芝を刈ったり、垣根を鋏んだりとやることがたくさんあり、暑さに負けないように少しずつ進めていきます。

剪定後のゴミ出しも大変です。可燃ゴミ専用の袋に入れて出しますが、一度に出せるのは5袋までなので、場合によっては処理場へ直接搬入することもあります。

昼食後は昼寝をして、体力を回復させます。

回復したので、ブログを更新しています。

そして、また庭師に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

今朝の北浦7月18日

次の記事

餃子、美味いね。