鮎釣り 雷雨で

鮎釣り行ってきましたが

最初の場所はこんなところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもより水位が高く、人も少なめ。左岸の下の方に3人。

2枚目の写真の草の手前が石色がとてもいい。

なので、ここからスタート。渇水のときはチャラ?

粘り強く、泳がせるが反応はなし。

釣れなかったので、川の中に入って、石をつぶさに観察。やはり、ハミ痕多数でピカピカ。うーむ。

諦め、さらに上流へ。こんな場所。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所には毎度お世話になりっぱなし。(笑) 岩盤と岩盤の間の溝ねらい。

白く見える波の下を泳がせると、ガツン、いや、カツンときました。

そうです。箒の鮎は少し小さめなんです。今回もオトリより一回り小さめ。

ただ、前回よりは少し生長している。ふっくらと。

午前中はこの付近で6尾?、1尾はチビ過ぎてリリース。

どれだけ小さいのがいるのでしょう。その小ささにびっくりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

目印を撮ったつもりですが、わかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで釣り下りますが、反応はありません。

今日は高水のためか、流芯では反応がありません。なので、芯の脇をねらいますが、こちらも同様です。

人気の岩盤瀬の手前まできました。同じく高水でポイントまで竿が入らないようです。

 

 

午後はこちらまで移動しました。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12時過ぎ。休憩中の人に話を聞く。高水でねらうところまで届かず、釣れていないとの返事でした。

深瀬で岩盤底になっているらしく、そこがねらいめだとか。

1時から午後の部スタートですが、遠くで雷の音。

予報では午後から雷雨。嫌な予感がしきりにしたが、遠いので大丈夫と思い始めます。

30分ほどすると、竿を持つ手が痺れはじめたので、即納竿しました。

竿を片付け中にも、もう1回、ビリッときました。やばいです。

昼に話した人に聞くと、全然感じないらしく、継続しています。個人差があるのでしょうか。

それとも竿の違いでしょうか。

速攻で帰宅することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

途中では前が見えなくなるくらいの雨が降りました。大雨警報も出たようです。

明日からはしばらく雨予報、台風接近、次回はいつになることでしょう。

そんなこんなで、あっという間に鮎釣りも終盤です。

果たして、この後、爆釣はあるのでしょうか。乞うご期待ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

鹿島灘海浜公園

次の記事

鮎開き ?回目