ウェーダー修理結果は

修理結果は△

水温の低下とともに、ウェットからドライへ。

これはもう必然です。

ウェットは水深に関係なく、ぐいぐいと川に入っていけますが、この季節、長時間水に浸かっていると、

つらいものがあります。

ドライは反対に立ち込める限度があり、あと一歩、届かないことが間々あります。

「届いていれば釣れたかも」です。こんな経験は誰もあるかな。

ウェーダーの修理結果が未投稿でした。

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで穴が開いてました。

めくってみると、ちょうど縫い目のところがはがれ、中の部分に穴が開いたようです。

なので、専用ボンドを塗りつけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと抑えた後で、ガムテをカバー代わりに。

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく使ってみましたが、快適さが戻りました。

ボンドが手に付き、それを落とすのが大変でした。

薄手のゴム手をしてやるのが正解のようです。

このウェーダーはかかとの上の部分に継ぎ目があり、足を入れるときに強引に入れようとして

引っ張ったため、内側の継ぎ目がはがれ、その薄くなった部分にやぶ漕ぎ時に何かが刺さって

穴が開いたものと推測されます。

足を入れるときには慎重さが必要なようです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

イカリか、チラシか?

次の記事

優磨、よくやった!