野鮎はどこに?

懲りずに那珂川へ

昨日の貧果も一晩寝れば、忘れる?

鮎釣りの朝はいつも爆釣への希望が満ちています。

が、夕方には失望に打ちひしがれているのですが。

昨日に続き、今日も那珂川へ。

釣り友H兄さんと。オトリ屋さんで待ち合わせ、しばし、「どこいくべえ?」ですが、二人とも、答えをもっていません。

昨日は私が選んだ場所だったので、今日はH兄さんセレクト!

で、那珂川町の通称「ロン岩」へ。仲間内だけの呼び方です(失礼します)。

こんなところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

川底は岩盤が斜めに入っていて、辺地の深さが腰ぐらい。

今年は人気が高く、いつも人でいっぱいだったのですが、今日は誰もいません。

もしかして……

さっそく始めます。時間は8時半でした。いつもよりかなり早い開始時間です。

H兄さんは出し掛かりで掛けます。さすがです。

びっくりです。昨日も出し掛かりで掛けてました。

私。こんな感じで釣ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

私も開始10分くらいで1尾。良型です。「こんなデカイのいるのかあ」と叫んでしまいます。

で、30分くらいで3尾目。「順調じゃね。」「竿抜け?」

(時速5尾で、4時間もやれば、20尾かも)って、頭によぎりました。

これがいけなかったのか、ジエンドでした。(´;ω;`)

2時間近くやっても増えません。それどころか、根掛かりで元気な野鮎を放出です。

 

移動です。こんなところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

実はここの流れが好きなんです。

ですが、石をよく見ると、それほどハミ痕もなく、ところどころ青藻が付き始めています。

なので、青藻のついていない黒い石の周りを狙ってオトリを入れます。

ここでもH兄さんは出し掛かりです。またまたびっくり。

私も負けじと、掛けましたが、強い波の下に入られ、バラシです。

実は今日は掛かりを早くするため?に、4本イカリを使っています。

これが今日は外れで、この後、ひどいことになります。

久々なのでいろいろ歩いて、探索です。

こんなところで掛かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

が、バラシ。バラシ3発。4打数1安打のみです。

なんてこった。こんなことなら、チラシだということでやっと1尾。

完全にチャンスを逃してしまいました。

だから、いつも×なんだよ、と自分のヘボさ加減に↓凹みます。

 

強いてよかった点をあげるなら、たくさん歩いたので川見ができたこと。

釣れそうな場所がありました。果たして?

やってみないとわかりませんね?

今日の釣果 4尾

納竿間近、マジか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

那珂川釣行 9月16日

次の記事

ゴムバンドを直したのに