涸沼でカヤック

ボイジャー デビュー

ちょいツーリングしました。

まずはカヤックの組立。ブルーシートを敷いて。

 

 

 

 

 

 

 

 

風も弱く、初心者には絶好のコンディションに見えるが…。

西寄りの風を避ける、風裏に出艇場所を決めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか組立完了。今回は1時間弱で組立終わり。まだ時間がかかるなあ。

もっと時間短縮をしなくては。30分を目標に。

 

散歩に来た人に話しかけられ、なかなか出艇できず。

風が強くなってきていることが気になり、あせりも。

30

 

 

 

 

 

 

 

砂浜が少しだけあるので、初心者にも優しい。やはり少し風が強くなった?

 

 

 

 

 

 

 

 

漕ぎ出すぞー!

 

 

 

 

 

 

 

 

半年振りのカヤックなので、コントロールができず、漕げば漕ぐほどどんどん沖に。

沖ほど風が強く、まずいなあと思いながらも波のある方へ。

漕ぐのをやめて、半年前を思い出す。

ターンは? やってはいけないことは? 漕ぎ方は?

オヤジは湖上でビビりながらも、考えをまとめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか、思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、出艇場所に向けて、ターン。これを何度か繰り返す。

 

なんでビビっていたかというと、出艇間際にキャンプ場の管理人らしき人が来て、

「ちょうどこれくらいの風の日に二人乗りのカヌーが転覆したんだわ。一人が湖の中にある竹杭

につかまったままで、もう一人が助けを求めに戻ってきて、救急車を呼んだり、ドクター

ヘリまで来て、参ったよなあ。」と話していたため。

 

最初はこの管理人にカヌーの出艇のダメ出しをされ、すごすごと帰るところを後から追い

かけてきて、「俺がいる間なら出していいよ。」と言われていた。その理由が↑。

戻ってきて、終わりのあいさつに行ったときにはすでに居なかったが。

 

できるだけ、風の影響を受けない湖面を漕ぐ。

ボラやセイゴがたくさん跳ねる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな岸寄りをチマチマと。

 

出艇場所に戻ってきた。約1時間くらいの超ショートツーリング。

 

 

 

 

 

 

 

 

降りるときに、足が少し濡れた。艇の中を見ると、少し水が入っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても穏やかに見えるが、上陸後、反対側に行ってみると、強風。

1時間くらいで上がって正解だった。

西の風が強いときにはこの場所が最適であることがわかった。

年内にあと2回くらいは漕ぎたいと思う。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

山あるき

次の記事

小田逸稀選手