カヤック吊り下げ

寒くなってきたのでカヤックもおしまいか?

ということで、車庫を少しでも広く使うために、カヤックの吊り下げに挑戦することにした。

ネットで調べてみると、1件だけヒットした。(せとうち 海遊び記録 byやまふみさん)

単管を組み、ホイストロープで吊り下げる。

見ると簡単にできそうなので、同じようにやってみる。

1 単管をクランプで組んで、取り付ける。

この単管、意外と重い。長さは5m。直径48.6mm。厚みは2.4mm。

ホームセンターの人に聞くと、1本13kgはあるそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

この単管を4本購入。カットは1回100円。

最初の計画から変更点が多数で、兄貴からカッターを借りてきて、さらに加工。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 ホイストロープを付ける。

できるだけ高く、天井に近い位置まで上げたかったので、単管を横に組んで、

天井裏ぎりぎりにした。

最初は隙間に入る計算だったのだが、ホイストロープを付ける金具の厚みを

計算し忘れていた。単管もグラインダーで削ってみたが、無駄な努力だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホイストロープとカヤックはスリングベルトでつなぐ。

 

 

 

 

 

 

 

 

後は引き上げるだけだ。

やってみると、さっそく失敗。

 

 

 

 

 

 

 

 

単管とホイストをつなぐS字フックが伸びた。

最初から心配はしていたが、簡単に伸びてしまった。

カヤックの重さはせいぜい24kgくらい。大丈夫と思ったのだが。

S字フック、値段の割に軟過ぎ。

3 穴付きクランプにスプリングフックを取り付けて、ホイストを付けることにした。

耐荷重もチェック。50kgなので余裕。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームセンターでサイズ合わせ。クランプの穴に入るフックを探したのが↑

知恵の輪みたいでなかなか入らなかったが、そこが楽しかったりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで取り付けた。

ホイストロープについているオレンジ色のロープが心もとない。

何回か使ったら、ロープは交換かもしれない。

4 吊り下げ実施。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5kgのダンベルで押さえてみた。

計算上は荷重の6分の1でよいはずなのでいけると思った。

カヤックの重さ 24kg ÷ 6 = 4kg なので、

5kgのダンベルで1kgの余裕がある?

バッチリだが、高さが少し足りない。

もっと改良しなくては?

こんな遊びが楽しい。

続きは後日。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

鍵のクリーニング

次の記事

鮎道具片付け第2弾