ハイエース 床貼り③

根太作り&下地板カット・取り付け

床の凹凸をできるだけなくし,下地板を乗せたときのがたつきを抑えるために

根太をたくさん作った。プラダンの残りでだいだいのサイズを測る。

根太ができたら,下地板の型のプラダンを乗せ,根太の位置を描く。こうすることで下地板に根太の位置を写り取り,狂いなく根太付けができる。

根太には間違い防止の番号をつける。根太は12mmのコンパネ。

根太には両面テープを貼り,印をつけたところへ貼り付ける。

根太を貼り付ける中心には何カ所か小さな穴を開け,根太固定の皿ネジが入りやすくしたり,バリがでないようにする。

1枚目の下地板,一番前側に根太を付ける。床の凹凸によるがたつきをなくそうとしたため,結構な数になる。丸い穴はリアシートを固定するボルト穴。

表側から皿ネジ,20mmで止める。下地板の9mm+根太12mmなので,ピッタリ。念のために根太を確認。ネジは突き抜けていない。

細かく入れると根太の数はこんな感じになった。端材を流用している。木目が横のものもある。反ってないので使用可とした。

下地板,1枚目を乗せた。1枚目はカーブも少なく,カットもまずまず。

2枚目の下地板。左右にタイダウンフックの穴。径は50mmにした。左右で微妙に位置が違う。ホールソウを使うときれいに穴を開けることができる。

3枚目。2枚目と同じく,タイダウンフック用の穴がある。カーブが大きい分,カットはしやすい。下地板に従って,縦の幅は800mm。

見づらいが3枚目を乗せたところ。あと1枚。下地板だけなので,ピッタリとおさまっている。

最後,4枚目。スペアタイヤ取り外し用の穴あり。50mm。

4枚目,根太のようす。リア側からの乗り降りを繰り返し,根太を考え,平らにするとともに,がたつきを完璧に

タイヤハウスもリア付近も純正のフロアカーペットでごまかされていた。実際は凹凸がかなりある。調整に時間がかかった。左右の角の根太が12mm+4mmで16mmもある。

すべての下地板を乗せ終えた。ボッシュのジグソーが活躍した。

根太を固定する皿ネジも105本入りをすべて使い切る。皿ネジが結構目立つ。

次回は?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ハイエース 床貼り②

次の記事

ハイエース 床貼り④