ミニ門松作り

昨年から門松作りに挑戦。今年は2年目。

上は昨年のもの。ミニ門松作りの講習会に参加して作った。材料がすべて準備してあり,作るだけ。費用は2600円で一対。熊笹と梅の枝は自前で追加。

材料が揃っているという点ではいいが,ちょい高すぎ。今年は別の会場で500円で行われていたが,定員が10名と少なく,不参加。

自分で材料を揃えて,作ることにした。

材料は,①竹(もらったのと,切りに行った。)②松(採集)③熊笹(採集)④縄(ホムセンで購入)⑥飾り(ダイソーで購入)

1 菰編み

竹の筒に巻く菰を編む。

葦簀作りで作った編み機?を再活用。

初めて菰を編むので,加減がわからない。稲わらを10本くらいずつまとめて編んでいく。

少し厚目の感じがする。

縦36cm,横100cmくらい。筒となる竹の周囲が33cmくらいなので,少し長めに編んだ。横は藁の有効利用長にした。

横は80cmくらいでカットし,そろえた。

2つに切る。1枚はこのサイズでOK。

2 中に入れる竹を切る

バイスに固定。

印をつけ,切る。竹伐り専用の鋸ではないが,よく切れる。角度も適当な割にはまずまず。

竹の節のところが入るように意図的にカット。断面が微笑ましく見える。

3 竹を菰で巻く

竹を菰で巻いた後,縄の結びをする。下~上に7・5・3で男結び。

男結びは久々なので,忘れていた。ひもで練習して復習。何とかできた。

足部を折り返す。こちらが下になる。藁を厚めにしていてよかった。

上部は竹の口と同じ高さで切りそろえた。  

4 仕上げ飾り

竹と松を入れる。ミニだけど,いい雰囲気。切り口が嬉しそうに見える。

熊笹と造花を入れる。

完成かな?

もう少し飾りたい。センリョウか,マンリョウか,ナンテンか。

3対作った。自宅と兄の家,カミさんの実家。   

5 掛かった費用

   縄      1058円

   造花飾り   1620円

   合  計   2678円

昨年とほぼ同じ金額。2019年バージョン完了。

楽しく作ることができた。作る過程でいろいろなことが学べ,工夫したり,思ったようにできると面白い。2020年用はもう少し大きめの門松にしよう。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ハイエース 床貼り④

次の記事

ハイエース 床貼り⑤