ハイエース ベッド作成①

ベッド作りまで来た。

さあ,素材は何で作ろうか。

いつものようにネットで「ハイエース ベッド」で検索。

キットの販売も多数。さすがに出来栄えは見事だ。ほとんどがフルフラットのベッドで,自分の考えているのとは違う。

DIYしている人もたくさんいる。みんなプロ並みの仕上がりに驚く。

いろいろなサイトを参考に,材料としては①木 ②イレクターパイプ ③その他 が考えられた。

その中で,取り外しと製作の容易さから,イレクターを選択した。

イレクターパイプはどこでも手に入り,加工も簡単。取り外しもしやすいので,元に戻すのも,形を変えるのも容易と考えた。

まずはベッドの図面を適当に描き,イレクターパイプをカット。だいたいの長さにカットし,微調整は現場合わせで。

パイプカッターでのカットは簡単。

ジョイントもメタルジョイントと,塩ビのジョイントの両方を使うことにした。

可動部は塩ビで。強度の必要なところはメタルで。

メタルは塩ビの4~5倍の価格なので,必要最小限にして節約。

足部は8本を予定したが,実際に作ってみると,6本でも強度がかなりあることがわかり,6本へと変更した。足の位置は四隅はいいが,タイヤハウスのところだけ,1本は中に入れることにした。

タイヤハウスに乗せるパターンもやってみたが,ハウスが思った以上に凹み,強度が?だったのでやめた。

ほぼ,上のような感じ。ベッド幅は荷室の半分くらいにしたかったので,横のイレクターは50cm程度とした。

実際はジョイントの幅があるので,それよりも広くなる。

また高さは天井とのクリアランスを考え,ベッド上端から90cmは確保するために,40cmを目指した。

なので,足の長さは2度ほど切り直し,調整した。

現場合わせはこんなところで手間が掛かる。というか,計画性の無さか?

塩ビとメタルでは入り幅が違うことを忘れ,切り直すことになった。

やっと完成。

計画では,この上にベッドの下地板を乗せる予定。下地板の幅は630mmの予定。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です