カヤック出艇場所探し 1回目

だいぶ暖かくなってきたので,いよいよカヤックの季節。

そこで,出艇できる場所を探しに,北浦へ。

この時季の北浦は場所によっては葦の刈込が行われ,水辺に近づきやすくなる。

お一人様カヤックなので出艇場所は,

①渚がある

②遠浅

③水がきれい

④アプローチが簡単

など,場所のハードルは高い?①,②,③は最初から無理かな。

北浦・霞ヶ浦ではこれらの条件は厳しい。わかっているが,探してみた。

まずは北部。鉾田市。ここには小さな公園があり,夏はカヌーやカヤックの教室もあるところ。

冬はほとんど見かけない。

公園の事務所のすぐ目の前はコンクリートの護岸。護岸も真っ直ぐではなく,デザインを重視?したような。水深も測ってみると腰上くらいまであり,底は泥。これでは水に入って,泥の中でセルフレスキューをするようなもの。

次はその200mくらい南の岸。ここは葦が刈り取られている。見た目良さげ。際まで行って,水深を測ってみると,葦の先は急に深くなっている。

葦の切り口でカヤックに穴が開くのが心配。

さらに南側の葦の間。

葦さえなければ,出しやすそうだが,沖に鉄板が打ち込んであり,沖へ出ることができない。大きな鯉,鮒?がはたきの準備に入ってきているのが見える。じゃましちゃいかんな。

この辺では見つからず,わかっていたことだが,がっかり。

ドックがあるが,立ち入りができないようにフェンスで囲われている。使っている様子はないが。

北浦は完全に水ガメなのだ。

これだけの大きさでありながら,人が楽しむことは考えられていない。残念なことだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

スイセン開花

次の記事

鮎塩焼き用竹串