今野敏 臥龍

雨が降ったり,風が強かったりして外でのお遊びができないときは本を読む。

読み始めると,今度は外が晴れていても読み続けてしまったり。

すき間時間を埋めるには読書は最適かな?

たまに間隔が開きすぎて,どんな話だったか忘れていることがあるが,気にしない。

横浜みなとみらい署,暴対係の諸橋夏男と城島勇一が活躍するシリーズ。

それぞれ係長と係長補佐だが,コンビで捜査に携わっている。

暴力団の組長殺害をめぐり,暴力団と半グレ,チャイニーズマフィア,そして捜査本部と,諸橋たちとの闘いが描かれる。

実際の現場では,一捜査員が本部の方針に異を唱えることなどできないだろうが,そこはフィクション。

今野敏の著作は,警察機構という「権力・権威」を描きながらも「反権力・反権威」というスタンスで話が展開しているところが原点。捜査員でも,キャリアの官僚でもそこは同じだ。

派手さはないが諸橋たちの地道な捜査がいいかも。

「隠蔽捜査」もTVドラマが2時間もので放送されたが,やはり原作にはかなわない。

テレ朝「相棒」も終わってしまったので,次に観るものがない。

そうだ,プロ野球が始まるんだっけ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

たまにはバイクでGO!