音の正体は

庭の方からコンコンという音が聞こえてくる。少しくぐもった音なので音源が特定できない。

外へ出て確かめると,音がしたりしなかったり,そんなに大きな音ではない。

庭の風車が動く音にも似ているのでその音かとも思ったが違う。

音の発生源が突き止められずにいたが,朝の水かけ中に発生源が判明した。

野鳥だ!

二羽いる。

そのうちの一羽がさかんに木をつついている。

灰色の背中に白のまだら模様。

すぐに調べた。

「キツツキ科」,コゲラ。

名前は聞いたことがあったが,キツツキ科の野鳥が身近にいるなどとは思いもしなかったので驚きだ。散歩で通る神宮の森ではこの音を聞いたことがあったが,森の奥の方なので見ることはなかった。

庭先の木にいるとは。

二羽いる。コゲラ。さかんに木をつついて穴を掘っているのは雄か?

もう一羽の雌?は,どこかへ行ってしまった。

雄,雌,逆か?

先日,車庫の二階のツバメが巣作りの最中にカラスに追われ,巣作りを止めて,どこかへ行くということがあった。

3年くらい前にもツバメのひながカラスに襲われ,巣が壊されたことがあった。

それ以来,ツバメは巣作りをしないようになっていた。

ツバメと同じことが起こらないように見守る。といっても何ができるわけでもないが。

さいわいなことに?,家の庭の木には虫がたくさんいる。それを食べてくれるとなおいいのだが。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

もぐらわな不発

次の記事

アマリリス