那珂川 鮎解禁2019

6月1日 土曜日

いよいよ鮎釣り解禁。

「待ちに待った」解禁だったが,何も準備していなかった。

掛けハリも巻いてない状態。

釣り友からのお誘いがあり,急きょ釣行することにした。

いつものことながら,「何とかなっぺ」という感じ。

いっしょに釣りをするはずの場所に行く前にこんなところに。

誰もいない。

ここで道草をすることに。

誰もいないのがいい。

川見にも十分に時間をかける。

最初に見たところ。

舟の周辺でハネが多い。

石もあり。ハミ痕もある。

水がもう少しあるときのポイントか?

①右岸寄りの辺地に黒い石の列あり。

ただし,鯉?似鯉?の姿多数。ニジマスも見えた。

②右岸下流も魅力的。

流れの強いところに付く鮎がいるのか。

じっくりと川見をした後,まずは①の写真の右岸上流から。

似鯉の攻撃に恐る恐る,しかし何もアタリなく。②まで行く。

石は黒いが,鮎がいないのか,追い気がないのか?

人がいないので,やりたい放題。

でも釣れない。

そして普段なら,竿を出さない流れへ。

深いところでも膝くらい。立っているところはふくらはぎくらい。

ところどころに黒い石あり。

そして,10時過ぎ。

令和初鮎ゲット。残念ながら,写真を撮り忘れた。

撮り忘れるくらいのアタリに恵まれる。

型はチビが多いかと思っていたが,オトリより少し小さめ~大。

大きい鮎ほどアタリが楽しい。

ガガ~ン,ギューン。

このアタリがあるから,鮎釣りは楽しい!((´∀`))

しかもほとんどが背掛かり。

鮎釣りの醍醐味を存分に味わうことができた。

鮎釣り人の至福のひととき。

結局,午前中のみで14尾。

11時くらいからはいろいろな出来事があり,(# ゚Д゚)&(´;ω;`)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です