ハイエース パイプラック作り

部品が届き,パイプラックができた。

アルミパイプを取り付け,グリップバーを渡しただけだが。

以下,パイプラック完成までの手順。

1  内装止めのプラ固定ピンを外す。

  ピンは先端が襞状になっているため,抜けにくくなっていた。

2 クリップナットを入れる。

 プラピンを外し,その穴の部分にボルト固定用のクリップナットをはめ込む。

 隙間から差し込むだけなので簡単。

  クリップナット。ホムセンをいろいろと探したが,販売しているところはない。

  Amazonで購入。

  内装をめくって,手を差し込み,穴とねじ穴を合わせて止める。

3 アシストグリップホルダーをねじ止めする。

 これがグリップホルダー。イノーではロッドホルダーと呼んでいるらしい。

 ばらしてみると,5点の部品からできていた。

  Amazonでも購入できるが高価。

なので,オートバックスで取寄せてもらった。

  Amazonは安いとは限らない。

  ねじ止めは,M6×15 ステンレスボルト。

  ぎりぎりのサイズを使った。狭いため,ボルトの頭をナットに入れるのに手間取った。

  ボルトを15mmではなく,20mmにした方がボルトの入りはいいかも。

4 ホルダーにアルミパイプを取り付ける。

  最初はステンレスパイプにしようと思っていたが,

アルミパイプの方が軽い上にぼけた色の感じが合うと考えた。

  しかも若干安い。DIYではこれが大事(笑)。

  黒いグリップカバーをつける。

5 グリップバーを横に渡す。

  このグリップバーはAmazonで購入。

  左に回すと長さの調整ができる。

  長さを調整し,載せるだけ。

  長さを調整した後の長さ固定ができない。これが欠点。

  固定できた方が,安心。

6 ネットをタイラップで固定する。 

百均のワイヤーネット。80cm×29.5cm。

タイラップでグリップバーに固定。

一応,完成。

天井との間にたった15cmくらいだが,スペースができた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です