アントラーズ セレッソ戦

昨日,19時からはJ1リーグ セレッソ大阪戦。

前半は酷い試合。

このまま終わったら,ブーイング必至の内容。

ボールの奪われ方が最悪。

サイドで二人に挟まれ,ボールを奪われ,ピンチになり,シュートまで持ち込まれる。

何とか凌げたのは,キーパー「クォンスンテ」のファインセーブのお蔭。

ディフェンスも連携できていない。

右サイドを慣れないポジションの永木主将が努めたが,攻撃が主なのか,

守りが主なのかがはっきりしないため,ポジショニングがあいまい。

CBの犬飼と左サイドの安西との連携も乱れがち。

セレッソのFWの動きに全然ついていけない。

運動量も少なく,完全に受け身の試合。

三竿の運動量に助けてられた。

三竿が盛んに士気を高めようとするが,どうも乗らないそんな内容だった。

中盤が大きく緩み,ボールは奪えないし,パスが簡単に通ってしまっていた。

いつもにも増して集中して試合を見た。

こんなに集中して試合を見たのは久しぶり。

あまりのひどさに前半30分くらいで帰りたくなった。

前半は見せ場なく終了。

後半はペナルティーエリアでレアンドロが倒されPKをもらう。

この試合,最悪の出来だったレアンドロの唯一の貢献ではないか?

セルジーニョが決めてようやく先制。

先制したこともあり,レオシルバが投入されると内容がガラッと変わる。

攻撃的になる。

チャンスも多くなってくる。

そして,

白崎のファインゴールで2点目。

勝利!

2点目ゴールの白崎がリクシル賞。30万円獲得。

個人的には今日の殊勲者はクォンスンテだと思った。

相手シュートを2点は防いだ!

シカオにタッチして,気分よく帰宅。

めでたし,めでたし!

次回は18日 火曜日 AFCの広島戦。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です