那珂川鮎釣り いないと釣れない!

いないと釣れないのは当たり前。

それでも釣り人は,いると思って釣りをする。

あ~あ,悲しい哉。

今日は,

高水のここから。

家を出るときは,小口の水位が70cm~,できると思ったのだが。

後で調べてみると,さらに増水し,90cm~になっていた。

先週は車の通り道だったところが,川になっていた。

陸地だったところまで立ち込み,ねらいは少し流れの変化のあるところ。

「変化のあるところ」を釣ると決めてきた。

が,アタリは1回のみ。鈎掛かりしたが,ためている間にバレる。

後にも先にも今日のアタリはこれっきり。

午前中は1時間で終了。

午後も同じ場所からスタートするが,雷雨が近づいてきて納竿。

移動先は,

こちらも高水で掛かる気がまったくしなかったが,せっかくなのでやることにした。

いつもは車の通り道が川になっている。

なので,

勝手に名付けた「茶岩」前から始めた。

この石の付近にはハミ痕があったのを思い出したため。

結果は(´;ω;`)

まったく反応なし。

高水時の鮎たちはどこにいるのか?

まったく見当がつかない。

どこかにいるはずだと思うが…

いなければ釣れないのは当たり前…

鮎釣りは難しいなあ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

那珂川鮎釣り 場所?