那珂川鮎釣り 場所?

今年の鮎釣り釣果。

15 0 3 10 0 差が激しい。

これはどういうことか。

原因を自分なりに分析してみた。

鮎釣りは,1に場所 2にオトリ 3に腕 などと言われる。

場所が良くて,オトリが元気なら,腕は関係なく釣れると勝手に解釈している。

つまり,場所の問題が最初に考えなくてはいけない重要課題だ。

3はないので,1に賭けるしかないという事情もある(笑)。

1 場所

解禁の場所。

ここを選んだ理由は,人がいなかったことと,釣りやすい流れだったこと。

人が入ってきた途端,釣れなくなった。

2回目の場所。

人はいない。右岸辺地に石はあるが,渇水で浅くなりすぎていた。

石も埋まっていて,ポイントが狭い。

3回目の場所。

石はいい。釣りやすい流れだ。

しかし,掛からなかった。

いずれの場所も人が少なく,流れも釣りやすそう。そして石もまずまず。

それぞれの場所で状況が異なる。

1回目の場所は,解禁日だったこともあり,鮎が付いていた幸運に恵まれた。

2回目の場所は,渇水で付き場が変わっていた。

3回目の場所は,人気の場所なので場荒れがしていた。追い気のある野鮎は抜かれていた。

本当にそうかどうかは不明だが,原因を考え,対応することで少しでも次の釣行に生かすことができればいい。

2 場所選び

那珂川の鮎釣り情報をよくチェックしている。

釣れた場所へ行こうとは思わないが,どんな場所が釣れたのかは気になる。

トロなのか,ザラ瀬なのか,早瀬なのか,急瀬なのか,流心なのか,辺地なのか,など。

少しでも参考になればと思っている。

好きな場所は,石があって,釣りやすい場所。車の止めやすい場所。

広く探れる場所。ザラ瀬~早瀬までが揃っている場所。

楽しているようだが,釣りは楽しくやりたいので,そんな場所がいい。

情報に頼らず,自分で見つけられたら気分もいい。

そんなんで,

次回の入釣場所は,

A橋の上流 → 理由:右岸にいい石の並びがあった。

B川合流の下流 → 数年前はいい石が入っていた。

C橋の上流 → 瀬肩~早瀬が釣りやすそう。

D橋下流の分流の瀬肩付近 → 竿抜けになっていそう。

E分流下流の早瀬 → 人が入りにくく,竿抜けねらい。

に絞ってみた。

C以外は小場所なので,午前・午後で2カ所か?

あ~あ,毎回コンスタントに釣果を上げてみた~い。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です