箒川へ

梅雨の合間を縫うように,鮎釣りへ。

今日は箒と決めていた。

前から気になっていた場所。

やや高水で,垢も切れている感じ。

石がきれいすぎる。

8時半くらいだが,すでに先行者が下流に4人。

あの辺りが釣れているのかな?そんなことは構わず。

自分が気になるところから釣り始める。

見た目よりも意外と流れが強い。

オモリ2.5号を付ける。

カラーシンカーなのでとても見やすい。

↑で3連発。

釣れたのではなくて,バラシ。

型がよく?,引き抜こうとする瞬間にバレる。

4本バリが合わないのか?

身切れ? 何とも? 未熟な抜きのせいか,多分!

2本チラシに替えてようやく1尾。

でも小さい(´;ω;`)

午前中は6尾。

10打数6安打,野球なら◎だが,釣りでは×。8割はキープしたい。

まずまずの型は1尾のみ。

午後は,↓から。

昼休憩に話をした地元のベテランの下流に。

写真では見た目,流れが強いがそんなことはなく,オトリが入りやすい。

ここで良型を2尾。

さすがにベテランに抜かれた後は続かない。

上流へ移動。

右岸の際狙い。

黒い岩盤がある。

きっと鮎がいるだろうと思って,オトリを入れてみる。

予想に反して無反応。

3時過ぎ。

午後,唯一掛かっていた場所が空いたので入ってみた。

散々,抜かれた後なので,期待はしていなかったが。

意に反して,良型2尾。

残っていた。

アタリも◎。

根掛かりを外しに入って自らポイントをつぶしてしまった。なんてこった!

仕方なく,下流岩盤の棚へ。

この時点でとりあえず目標のツ抜けは達成しているので,ラス1狙い。

元気なオトリを入れると、すぐに反応あり。

が,またまたバラシ。

納竿。結局10尾ジャスト。

もっと釣りたかったが,前回がボなのでよし。

家に帰ってからのビールがうまかった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です