釣れる「時合」ってあるの?

それまでまったく釣れなかったのに,突然釣れ出す。

こんな経験が何度かある。

「時合」というのだろうか。

この時合さえわかれば,川の中で無駄な時間を過ごさなくていい。

こんな虫の良いことを考えてしまう。

川の中にいる時間がまったくの無駄だとは思わないが,ついつい考えてしまう。

突然やってくるアタリの連発。

何が,鮎のスイッチを入れるのか。

水温?,気温の変化?,明るさ?,太陽光の加減?,風?,音?,明るさの変化?,

人の気配の有無?,鮎の習性?,鮎ボスの意向?,鮎の移動?

さっぱりわからない。

それが午前中のこともあり,午後のこともある。

時合に恵まれたことは稀だが。

自分の場合は割合的には午後が多い。

そして時合が過ぎると,それまでがうそのようにまったく反応がなくなる。

もう少し釣れるはずだと思いながら,ついつい粘ってしまうが,その後に釣れた試しはない。

時合,こんなことも鮎釣りの面白み。

だから,釣れなくても通ってしまう。

時合を期待して。

次の時合は何日の何時ごろだろう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

箒川へ

次の記事

やっぱり箒川が楽しい