やっぱり箒川が楽しい

土日は都合がわるいため,高水ながら釣りに行く。

那珂川本流は高水なので無理と考えて,箒川に。

家を出る時間が遅かったため,オトリ屋さんに着いた頃には10時を大きく回っていた。

オトリ屋さんに話を聞くと,今日はオトリがほとんど売れていないとか。

確かに,生け簀には死んだオトリが3尾も浮いていた。

少ないオトリの中からできるだけ元気のあるオトリを慎重に選ぶ。

箒橋の上から上下を見ると,上に2人。下にも2人。

新箒橋の上流の岩盤瀬も見に行く。

右岸のPにすでに6台の車。左岸の道路上にも車多数。

岩盤瀬も釣れ始めたらしい。

一番良さそうだと思うところは3人が囲んでいるため諦める。

結局,箒橋の上流へ。

テトラ付近。上流辺地に一人。

後で話をすると,30は掛けたと言っていた。型は23cmくらいだったそうだ。

テトラの下流。砂利底。

水が高く,右岸の辺地は狙えない。

ここにいた人が下流へいったので,入ってみた。

ブロックの向こう側に岩盤がある。

いかにもの瀬なので,場荒れしているだろうと予測。

下流側。釣れるところは人気が高い。

ブロックの下付近に立って,オトリを泳がせる。

11時半~1時半までで6尾。

良型は1尾のみ,後はオトリより少し小さめ。

他の釣り人は2,3尾?

1回戦は2時間と決めていたので休憩。

2回戦は2時~。車の下のテトラの上流。

1枚目の写真に写っている人が30は掛けたと言っていた場所。

だが,まったく反応なし。1時間粘るが×。釣り切られたか?

箒橋の上,岩盤の棚へ。

ここでやっていた人が上がったので,入ることにした。

やってなさそうなところへオトリを入れると,一発でキタ~。

しかも良型。今日の一番。

下の段までのされたが,強引に抜いて何とか。

この後も1尾。しかし,バラシも連発。

どうしても段の下まで走られてしまう。

バラすと循環が悪くなるので,もったいないが最後は,

ここにもずっと人がいたのだが,掛からないようで上がってしまった。

黒く見える岩盤は散々叩かれていると思い,岩盤の向こう側へオトリを入れて待つ。

思った通りでここでポツポツと掛かり,合計12尾になったところで納竿。

もっと掛かるような気がしたが,帰りの時間を考えると(;´・ω・)

「困ったときの箒川」今年もこれが言えそうだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です