柳の木の下に2匹目の鮎はいない!?

8時過ぎ。釣り人は2人。

よい流れ。

ここで始める。

まずはオトリを野鮎に替えたい。

しか~し,待てど暮らせど,アタリすら出ない。

1時間半くらい粘った。

釣れないので考える時間はたくさん。

たったの3日で川がこれほどまでに変わってしまったのかという驚き。

①青ノロが繁茂 

②ボケている石が多くなる→鮎が食んでいない→鮎が少なくなった

③釣れていた鮎のサイズが小さくなった(右岸の人の掛けた鮎)

連休で相当の釣り人が入ったのか?

駐車スペースが広くなっていたり,多くの人が入った痕跡があった。

しかし,それは後で考えたことで,釣れるつもりで入川した。

1に場所なので,鮎のいないところでは釣れなくて当たり前。

わかっていながら,その結果になるのは愚かということに他ならない。

釣りやすそうな,瀬肩や平瀬,石のいいところは真っ先に鮎が釣り切られ,いなくなる。

2カ所目は,午後2時過ぎから。

あちこちと見て回ったが,ここで釣り友と合流。

やはり,釣りやすそうなところには粘っている人がいる。

釣れてはいない。

高水で思うようなところにオトリが入らないようす。

こんなところで流れの中のたるみを狙うが,空振り。

下流でやっと掛けて,「ボ抜け」の1尾で終了。

百戦錬磨の釣友も2尾。バラシが続いたらしい。

場荒れした場所ではどう釣るのか?

釣りやすいところでオトリを替えて,

それから本命の狙いの場所を釣るというやり方をしてしまう。

オトリがうまく替わればいいのだが,替わらなければ

そのまま撃沈という今日のような結果になってしまう。

いろいろな流れのある場所では,

1カ所にこだわらずにいろいろな流れにオトリを入れてみる。

仕掛けもそれに合わせて替える。

ナイロン系で泳がせたり,メタル系で強い流れに沈ませたり。

今までそんなことはまったく考えもしなかった。

場荒れしたようなところでは,釣り方を変えることが必要か。

「その場所を釣り切る」ということをもっと突き詰める。

野島玉造さんが言っていたのもきっとそのことなんだと思う。

自分の好きな流れだけでは釣果は望めない。

好きな流れだけにこだわると今日のような釣りになる。反省だな。

次回は鮎がたくさん見えたところに挑戦してみよう。

果たして,見える鮎は掛かるのか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です