那珂川:波よし,型よし,腕わるし!?

鮎釣り。

めずらしく掛かった。

掛かったまでは良かったが……

朝はこんな雰囲気。

靄がかかり,湿度が高く,鮎の活性も高そうに感じる。

今日はオトリを引き回す。

引きつりで掛からなけらば,そこの自分向きの鮎はいない!

ここまでずっと,鮎を引いてきた。

できるだけ,速すぎないように。

オトリの泳ぎを感じながら。

オトリが流れの筋から逃げたり,ふらついたような動きは感じなかった。

止める時間を長くすればよかったのか?

この流れまでくると,あっという間にねらいの瀬は終わってしまう。

どうしようか考えていると,アタリ!

しかも,重い。

もしかして良型。

1尾は慎重に獲ることに決めている。

溜めて,岸に寄せて,タモ入れ。

見た目,23cm。でかいと思ってしまう。

オトリに使うのを一瞬躊躇するが,

ハナカンが通りにくい。

いつもサイズだと,簡単なのに。

オトリが替わった途端,アタリが連続する。

が,タモに入る前に…

「身切れ」か?

型がいい?ので,腕が完全に負けている。

竿も曲がりが大きい。

なかなか水面に出てこないのもいる。

3割フィッシャー?3尾に1尾しか獲れない。

何とか1時間で4尾。

たった1時間の引っ張りごっこで,腕が痛い。

午後は少し上。

午前のポイントには人が立ち込み,残念。

しかし,午後もこんなところでポツポツと。

掛かるだけは掛かる。

同じく,バラシの連続。

掛かるのはいいが,あまりにもバラシが多い。

午後はたったの4尾しか増えず。

1日の釣果は16尾。

満足すべきだが。

釣欲にはキリがない!(笑)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です