高水,垢切れ,チビ鮎。

小口の水量計1.08m。

やや高水だが,

1.13mのときに釣れたことがあったので釣行。

場所は橋付近。

↑は上流。

↑は下流。

波立ちの向こう側に黒く見える筋があるが,右岸寄りなので残念。

なかなかいい場所が見つからず,まずはこんなところで。

9時スタートで,出し掛かりで1尾。

型は小さいが,よく泳ぐ。

すぐに2回目のアタリ。が,外れ。

3回目も外れ。

ん。掛けバリをチェック。

手にまとわりつくようならば良いということなので,OK。

1時間でチビ2尾。

この場所を見切り,いつもの放浪の旅に。

下流を中心に石を見て歩くが,魅力的な場所を発見できず,戻る。

朝一の場所と同じ筋,少し下流。

ここでまたまたチビに遊ばれる。

不思議と型が小さいほど,明確なアタリを出す。

しかも全部背掛かり。

3尾追加し,午前の部終了。

前回から,がまの竿に替えたが,型が小さいので抜けが良すぎて,楽しめない。

型が小さいせいか,身切れも多いように感じる。

午後もこの場所から。

他に場所がない。

1尾追加。さらに小型になる。

そして,空中分解も。

抜くと,スポンと飛んでくる。

3時過ぎに別の場所で再開するが,

完全に垢がとんでいるため,諦める。

那珂川は連日の雷雨により,高水。そして垢切れ。

良型はどこに潜んでいるのだろう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

今日の鹿島灘