久々の釣行②

辺地を腰まで浸かりながら移動した場所。

昨年とほぼ流れは変わっていないが,辺地が深くなったような?

1尾目はこんなところで。

もう少し下流の流れをやりたかったのだが,一人いた。

ヨレの先にオトリが出て行ったときにアタリ。

ガガーン,ギューンを期待していたのだが,

アタリは小さく,慎ましやか。

でもその後の引きは今年の那珂川の鮎。

測ってはいないが20cmアップ。

すこし下ったところで,ちょっと大きいサイズ。

引きを楽しませてくれた。

期待を抱かせる2尾目。

よい流れで人も少なくて○。

下流の人は来て早々3尾を出し掛かり。

3尾目は身切れのようだ。

こんなところをオモリを付けてやってみると,

ガガーーンが来た~!

3尾目もゲットか?

が,高切れ(´;ω;`)

糸が痛んでいた?

張り替えたはずだったが,スプールに巻き取りときに傷が入ったか?

ここで車を取りに上流に戻る。

歩数で800歩以上は歩いたので,600~700mか。

最初に入った川の中を見ると,濁りは取れていたが。

砂地,小砂利,青藻石,ハミ痕は少だった。

堰直下のところにいい石が入っていた。

そこには釣り人も。(確か禁漁?)

車で移動して,

午前の場所には釣り人。

ここでしょ。

オモリを2個付けして,入れると,即アタリ。

抜き上げて,珍しくナイスキャッチ(笑)

型も引きもよし。

どうも波立ちのところが少し掘れていて,そこへ入った時がいい感じ。

次もすぐに来たが思ったほど,大きくなく,

抜いたまではよかったが後ろの草むらへサヨナラホームラン。(笑)

こんなところの辺地にも魅力を感じたが,雨が降り始めたので納竿。

まだ,1時過ぎなのに(´;ω;`)

対岸にも5人くらいいたが,掛かる様子はなかった。

小口の水位88cm,やや高水か。

これぐらいの水位の方が立ち込みがしにくい分,却っていいかも。

次回が楽しみになったが,雨予報が続くので,仕掛け作りでもするか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

久々の釣行①

次の記事

朝の散歩