那珂川鮎釣り 今度こそ

先週は4人で全員「ボ」という記録?記憶?を作ってしまった。

土日が用事で×なので,金曜に釣行。

誰もいないであろう静かな瀬を目指した。

9時近くだが,少し靄っている。水温は19.7°

誰もいないことを確認して入川。

入川場所の上下は散々釣り荒らされていると予想し。

今日のねらいは奥に見える瀬。

狭くて,割に急瀬なので多分,竿抜けがあると考えた。

まずはこの瀬の上まで細流を歩いて川見。

一番右岸寄りの急瀬を釣り下るが反応はなし。

こちらは以前に来た時には鮎の数がすごかったのだが。

鮎の姿も見えない。

しかも川幅が狭く,木も被さっているため釣りにくい。

完全に竿抜けだと思ったが×。流れが強すぎか?

ずっと下流の急瀬へ。

オトリ替えをねらって,急瀬の瀬落ちへ。

立っているところの石はいいが,左岸側には目立つ石はない様子。

先行者が一人。

たまに掛かるようだが,手尻が長く引き抜けず,バラシやハリス切れが多い。

参考になるなあ。(笑)

この流れの少し上で,

11時くらいに5連発。

「時合い」か?

突然掛かりだした。

が,キャッチミスと根掛かりでー2。

根掛かりを機に午前の部終了。

結局,3尾のみ(´;ω;`)。

オトリが替わっただけで○。

午後,ハミ痕を探す。

これ以外にも緩い流れの大石周りにはハミ痕がいっぱい。

さらにチャラ瀬にはすごい数の鮎。

じっと粘れば掛かるかも。

ねらいの瀬へ。

川幅が狭く,急な流れなので,午前中は誰もやっていない。

ちなみに釣り人は5人くらい増えていた。

この上の瀬肩まではやったようだが。

午後1時開始で,出し掛かり3連発。

思ったところで掛かるのはより楽しい。

アタリも型もいい。

4尾目は,掛かり鮎だけが残り,オトリはハナカンから外れた!

どういうわけか,でかい野鮎オトリには好反応。

5尾目はバラシ。身切れか?

元気なオトリが獲れたので,

下流の急瀬の肩へ。

オモリをつけて,白泡ねらい。

が,オモリケースを見ると,開いてた。

しかも,小さいのしかない。

試しに1号をつけて入れてみるが,弛みにしか入らない。

下流,午前中の瀬には左右から二人。

動かない。

仕方なく,午後イチの瀬へ。

午前中にオトリを通してなかった上の瀬落ちへ。

ここは1号でも入った。

すると,良型が(笑)。連発。

今日はこの瀬がよかった。

狭くて釣りにくいが,型もアタリも○。

あちこち拾い釣りしたものも加え,計12尾。

この瀬で粘ればもっと釣れたのか?

そんなことはないと思うが。

目標の1日20尾には遠い。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

パラグアイ戦