那珂川鮎釣り 悪あがき

納竿間際の悪あがき。

何と平日にも関わらず,

6人も揃ったΣ(・□・;)

皆さん,カタギじゃないの?(笑)

8時前にオトリ屋さんへ。

見たことのある車の主はすでに入川したらしい。

AさんとHAさん。

Hさんとどこに入るか考え,

先発隊の元へ。

Aさんは立ち込んでいるし,

HAさんは好きな流れに。

しばし,観察。

Aさんのポイントは……。

自分の好きなところは……。

自分はここで,Hさんは下流の深瀬へ。

この後,昨日から泊まり釣りのKさん,Sさんが登場。

二人とも下流の深瀬へ。

今日のねらいはこんな流れ。

昨日,雨が降ったらしく,すこし濁りがある。

オトリ取りにここからスタート。

HAさん,上流は釣れないらしく,下りてきた。

すでにAさんはかなり前まで立ち込み,

すでにオトリは替わっている。

午前中は1尾。

上の瀬肩で。

午後になると,

良型が。

こんな流れで掛かりだす。

ただし,タモ入れは半数に満たない(´;ω;`)

なぜか,バレる。

鈎を変えてもバレる。

散々,バラシた後に鈎の種類を交換。

すると,バラシが止まる。

今まで使っていた鈎は掛かり優先だった。

早く替えておけばよかったと思ったが後の祭り。

鈎の重要性に気づいた。

最後はこんな場所で高切れ納竿。

下付け糸06から切れる。

傷でもついていたのか。

今日の釣果,

最大25cm(釣ったときは26cmはあると思ったが),

最小13cm(超後期遡上?)で計6尾。良型4尾。

気持ちよく,納竿になりませんがな。

竿頭はAさんの15尾,しかもほとんどが良型。

他の人は(´;ω;`)

悪あがきはつづく…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

台風後の片付け