那珂川鮎釣り 納竿だべ!

前回の釣行から。

納竿場所はここ。

快晴。朝9時。

誰もいない。

ってことは…。

まずはオトリ替えをねらって、ここから。

波立ち付近をねらう。

少しずつ釣り下るが,反応は皆無。

1回戦は,下竿気味で広く面を探る。

2回戦は,11時から。

ハネの多く見られる,肩付近から。

漸く,1尾。

小さい。

オトリと同じサイズ。

良型はどこに行った?

波のヨレの中で2尾目。

サイズアップ。

だが,引っ張りっこをすることはない。

釣り下るが,まったく反応なし。

昨日もここでやったという人が登場。

「1日やって,4尾」

う~ん,じゃ,掛からんわな。

その人のオトリは野鮎。

でも,まったく追われない?

投網も。

まったく入らない様子。

釣り下ってみる。

な~んもだ。(´;ω;`)

1時過ぎ。

下流の深瀬へ。

4人が並んでいた。

でも,どういうわけか,一番やりたいところが空いていた。

ここ↓

流芯の先をねらって,立ち込む。

先行の4人は流芯の手前を釣っている。

しばらくすると,↑。22cmくらいか。

深瀬なので,重く感じる。

何とか。タモ入れ。

少しずつ釣り下ると,

ポツポツとアタリ。

23cmクラスをオトリに使うと,

4発目は,痛恨の高切れ。

今日に備え,仕掛けを新しくしてあったが。

08のハナカン周り糸を結んだ,編込みのひげの部分から切れた。

実は一番心配していたところ。

終期にしては強烈なアタリ。

伸されまいと溜めて,寄せている途中で,プッツン。

いつもなら,ここで納竿なのだが,

仕掛けを替えて,継続。

最後にナイスなアタリの良型を1尾掛けて,

無事?, 今シーズンの納竿。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

台風後の片付け