今野敏 「トカゲ」

朝日新聞社 2008年発行

今野敏と言えば,「任侠」や「隠蔽捜査」のシリーズが楽しめる。

今回は「トカゲ」 刑事警察もの

警視庁 特殊犯捜査係 通称「トカゲ」

ライダースーツに黒のフルフェイスで都会を走り回る

銀行の行員3人が誘拐されるという事件が発生。

犯人からの身代金要求額は破格の十億円。

警察の捜査が始まる。

銀行からの融資の引き剥しによって廃業に追い込まれ

行方不明になったスーパーの店主が疑われる。

というのも十億の振込先が元店主の口座だったからだ。

しかし捜査をしていくうちに,その人物はすでに死亡していることが判明。

しかも凍結された口座から現金を動かすことができるのは

銀行内部の人間だけ

内部犯行,狂言であることが判明。

出国間際に捕まる。

丸く収めた感じ。

あとひとひねりがほしいところ。

MIだと簡単に電子送金ができてしまい,犯人は捕まらないのだが。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

東野圭吾 「流星の絆」

次の記事

千波湖 ジョグ