世界らん展(後半)

ミスターも鑑賞中?

若い。

ベゴニアのハンギング。

見たことがなかった花色・形のシクラメン。

胡蝶蘭もきれい。

そしてクリスマスローズ,「氷の薔薇」

4号鉢で5500円也。

買えなかった…(笑)

確か原種を交配して作ったとか?

やっぱりお気に入りのオリーブ。

巨大な滝を表現?

仮屋崎省吾の世界。

爆発系?大胆な,毎年同じ傾向。

すぐに仮屋崎とわかる。

トークショーもやっていたようだが…

竜宮城か?

この繊細さは女性の作者だろうか?

志穂美悦子の世界。

最後はエビちゃんで締め。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ドームは世界らん展

次の記事

梅の季節